「Xperia PRO-I」発表。RX100 VII相当の1.0型センサーにF2.0/4.0の可変絞りレンズを搭載

カメラ性能に特化したスマートフォン「Xperia PRO-I」がソニーから発表・予約受付開始されました。


Xperia PRO-Iはソニーのデジタルカメラ「RX100 VII」搭載の物を最適化した、像面位相差AFを備える1.0型センサー「Exmor RS」を搭載したスマートフォン。「Xperia PRO-I」の「I」はイメージング(Imaging)の「I」で、ソニーの最先端イメージング技術を集結したスマートフォンとのこと。

本日より予約受付開始しており、価格は198,000円。発売日は12月15日となっています。

公式の製品動画は以下のとおり。

動画から抜粋した主な特徴は以下のとおり。

ソニーの高級コンデジ「RX100 VII」搭載のExmor RSを最適化した1.0型イメージセンサーを広角カメラに搭載。

広角カメラは1.0型の大型センサーを活かしたボケ味が楽しめるほか、F値を2.0と4.0の間で切り替えてボケの少ない写真も撮り分けることが可能。

24mmの広角の他、16mm F2.2の超広角、50mm F2.4の標準レンズ、3D iToFセンサーも搭載。

被写体に追従できるリアルタイムトラッキングを搭載。

カメラとして撮影のお供に心強いストラップホールも内蔵。

Vlogに便利なコントローラー付きグリップ、外部マイク、自撮り用外部モニターなどもアクセサリとして用意。


スペックとしてはSnapdragon 888、12GB RAM、512GB内蔵ストレージ(外部ストレージは1TBのmicroSDXCに対応)、6.5インチ4K 120Hz有機ELディスプレイ、4,500mAhバッテリー、指紋センサーといったところはXperia 1 IIIをなぞりつつも、ワイヤレス充電は非対応となっています。

予約は本日より受付開始しており、12月15日に発売予定。詳細は以下のリンクから。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。