Appleと高い親和性のデザインを持つ、Belkinのスタンド付きMagSafeモバイルバッテリーをレビュー

iPhone 12以降のMagSafe対応iPhoneにマグネットで装着し、ケーブル不要でワイヤレス充電しつつキックスタンドとしても利用できる「Belkin BOOST↑CHARGE Maginetic Wireless Power Bank 5K+ Stand」をメーカーから提供頂いたので、実際に使ってみた使用感をレビューしていきます。


当サイト掲載の外部リンクは一部収益化している場合があります。詳細はプライバシーポリシーにて掲載しています。

Belkinの充電アクセサリ「BOOST↑CHARGE」シリーズの「Maginetic Wireless Power Bank 5K+ Stand」は、MagSafeに対応したiPhone専用設計のモバイルバッテリー。

キックスタンド機能を搭載しているのが特徴で、これ一台をiPhoneと一緒に持ち歩けばUSBケーブルやスタンドなどを持たずともワイヤレス充電しながらiPhoneを立てて快適に動画鑑賞するスタイルがミニマルな荷物で完結するというアイテムです。

バッテリー容量としては5,000mAh、入出力端子はUSB type C、ワイヤレス充電は最大7.5Wの出力と、MagSafe対応iPhone専用のモバイルバッテリーとしてはAnker製などの他社製品と並んで標準的なスペックとなっています。

それでは、実際にパッケージの中身を見ていきます。

パッケージ内容・外観

パッケージに含まれるのはバッテリー本体と1mの長さのUSB type C – USB type Cケーブルというシンプルな内容。現在日本国内で販売されているカラーはホワイトとブラックの2種類となっており、今回はメーカーからホワイトのもの(BPD004btWH)をレビュー用にサンプル提供頂きました。

こちらがバッテリー本体。Apple直営店でも多く取り扱われているBelkinの製品だけに、以前レビューしたApple純正のMagSafeバッテリーに近い印象のデザインに仕上がっているのが特徴的。iPhone本体に面する側はラバー素材で滑りにくくなっている一方、それ以外の部分は樹脂で汚れが付着しにくくなっており、素材の使い分け方もApple製と同じ組み合わせ。

背面には「belkin」ロゴ入りの金属製のキックスタンドが搭載されています。

下部にはUSB type C端子が搭載されており、バッテリー本体はここから充電可能。10Wの出力にも対応しており、USB type Cの汎用モバイルバッテリーとしても利用できます。

キックスタンドは左側にヒンジがあり、そのまま引き出して立てる仕組みです。

左側面にはバッテリー残量確認用のLEDインジケーターに加え、充電開始・電池残量確認兼用の物理ボタンを搭載。

iPhone装着時の外観

iPhone 14 Plusに装着したところ。接地部分がコンパクトに設計されており、大画面モデルのiPhoneと組み合わせると非常に収まりが良いです。

フットプリントの小ささが分かりやすいのが、iPhone 12 miniやiPhone 13 miniと組み合わせた時。

Apple純正品同様に外寸がiPhone 12 mini/iPhone 13 mini装着時に背面の外周からはみ出さないサイズに収まっており、小型モデルのiPhoneと組み合わせたい方にはぴったりのサイズ感に設計されています。

この辺りのApple製品との親和性に関する抜け目のなさはApple関連アクセサリを多く手掛けてきたBelkinらしいこだわりに感じます。

参考までに、同じバッテリー容量・スタンド機能付きのAnker製の競合製品をiPhone 12 miniと組み合わせたところがこちら。薄めに作られてはいるものの、大型モデルのiPhoneに装着した際のスタンド機能を優先した結果「mini」のiPhoneと組み合わせると下部からはみ出してしまいます。

横に2つ並べてみるとその差は明白。Anker製は下に長い事がわかります。

スタンド機能は縦・横の2wayで使えるのが魅力

スタンド機能に関しては、そのルックスから想像できる通りのiPhone横置きだけでなく、縦置きも可能な2way仕様。足が短いため角度調整には限界があるものの、縦でも横でも2通りの使い方ができる自由度の高さは魅力です。

縦状態での使用は見た目以上に安定感があり、作業中にPC横に添えて通知などの確認に使うにぴったり。使う前の先入観では横メインになる製品かと思い込んでいましたが、思いのほか縦置きメインでもしっかり使える製品に感じました。

MagSafeの仕様上、90度回転させて使う事もできます。本製品側を縦置き、iPhone側を横置きにして高さのあるスタンドとしても利用可能。動画鑑賞時などはこのスタイルが最も快適かもしれません。

iPhoneだけでなくAirPodsの充電スタンドとしてもオシャレ

MagSafeによるマグネット吸着+ワイヤレス充電に対応しているため、MagSafe充電器に対応したAirPodsAirPods Proの充電スタンドとしても利用が可能。

特に今回レビューしているホワイトモデルはAirPodsシリーズの白い充電ケースと外観の相性が非常に良く、キックスタンドを使って立てた状態で使うとスタイリッシュ。卓上でAirPodsケースを充電する際の充電器としてもオシャレに使えて良い組み合わせです。

Appleライクな外観+スタンドの便利アイテム

Belkin BOOST↑CHARGE Maginetic Wireless Power Bank 5K+ Standは、Apple製品と親和性の高いシンプルな外観にUSB type C充電、スタンド機能という利便性を兼ね備えた製品として、MagSafe系モバイルバッテリーの中でもAppleライクなスタイリングと機能の両立を求める方にはぴったりのアイテムです。

Apple純正品のMagSafeバッテリーと比べるとUSB type Cで充電できる、スタンド機能が使えるというメリットがあり、価格もAppleの14,780円と比べると約5,500円と非常に割安。Lightningケーブルが必須の純正品と比べるとUSB type CでiPhoneごと充電できるようになるので、利便性としても強くおすすめできる選択肢となっています。

また、スタンド機能が不要で容量も5,000mAhも必要ないという方にはよりスリムな2,500mAhモデルも約5,000円ほどでラインナップされているので、Apple純正に近い質感のMagSafe系モバイルバッテリーを探している方は是非併せて検討してみてください。


おすすめのMagSafeアクセサリは種類別に以下の記事にまとめているので、MagSafe環境を揃えて便利にiPhoneを使いたい方は是非参考にしてみてください。

次の記事
前の記事
アバター画像

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のデスク環境作り、愛車「エリーゼ」「ジュリエッタ」でのドライブ、車旅を動画・写真に残す事。