ガジェットショット

ローズゴールドのiPhone SEのケースはこれで決まり。Spigenの「ネオ・ハイブリッド クリスタル」

kirica

Spigenの「ネオ・ハイブリッド クリスタル」のローズゴールドをレビュー用に頂いています。


spigen neo hybrid crystal for iphone se 01

ネオ・ハイブリッド クリスタルは以前iPhone 6s用をレビューしたネオ・ハイブリッドEX 2015年モデルと同じ二層構造ケースの内側のソフト素材が透明なもので、形状はiPhone 5s以前に発売されていたネオ・ハイブリッドシリーズと同じもの。

spigen neo hybrid crystal for iphone se 02

こちらが本体。ソフトな内側のレイヤーとハードなフレームの二層に分かれているケースです。

spigen neo hybrid crystal for iphone se 03

ローズゴールドのiPhone SEに装着したところ。

spigen neo hybrid crystal for iphone se 05

下部の端子周りは互換性を高めるようフレームが端子から避けるように広く取られています。

spigen neo hybrid crystal for iphone se 06

側面はネオ・ハイブリッドのロゴがエンボス加工されています。

spigen neo hybrid crystal for iphone se 07

電源ボタンは独立したパーツ。

spigen neo hybrid crystal for iphone se 08

ボリュームキーも同様に独立しており、操作感はSpigenのケースの中でもトップクラス。

spigen neo hybrid crystal for iphone se 09

今回iPhone SE/5s/5サイズとしては初めて内側に透明素材を採用しており、背面が透けて見えるのが特徴。また、内側のラバー素材は非常に滑りにくい質感となっており、持ちやすさにも貢献しています。

spigen neo hybrid crystal for iphone se 10

本体の周りに空洞を挟んでフレームが浮いているような特徴的なデザイン。

iPhone 5s時代のネオ・ハイブリッドと比較

spigen neo hybrid crystal for iphone se 12

iPhone 5sで愛用していたネオ・ハイブリッドと並べてみました。

spigen neo hybrid crystal for iphone se 13

形状は同一で、内側の素材が異なります。透明になったほか、グリップ感も大幅にアップ。

spigen neo hybrid crystal for iphone se 14

形状が同じためフレームを使い回す事も可能。


neo hybrid crystal

Spigenのネオ・ハイブリッドシリーズはiPhone 5s時代も愛用していましたが、今回の「クリスタル」は透明素材になったことでiPhone本来のカラーバリエーションを透過して見せる事ができ、しかもグリップ感が向上する事により持ちやすさも格段に良くなっています。オシャレかつ持ちやすく保護性能も高い申し分無いケースに仕上がっており、ローズゴールドのiPhone SEを使うのであればこのケースが決定打と言っても過言ではないのではないでしょうか。非常に満足して愛用しています。

カラバリは今回紹介したローズゴールドだけでなくシャンパンゴールドとガンメタルも用意されており、ゴールドやスペースグレイのiPhone SEでもおすすめできる選択肢となっています。購入は以下のリンクから。

メニュー
閉じる