ガジェットショット

ドコモのツートップのうちの1台 Xperia A SO-04Eレビュー

kirica

もう1つのドコモのツートップ、Xperia A SO-04Eのドコモスマートフォンラウンジの展示機のレビューしたいと思います。



IMG_0067

CPUはSnapdragon S4 Pro APQ8064 1.5Ghzクアッドコア。ディスプレイは4.6インチで、Xperia ZのFull HDから解像度が下がり、HD(1280×720)になっています。RAMは2GB、ストレージは16GB、カメラは1310万画素のExmorRS、防水・防塵・ワンセグ・オサイフ・赤外線・NOTTV・NFC対応。バッテリーは2300mAhで、OSは今期の中では一歩出遅れ気味のAndroid 4.1ですが、4.2にアップデート予定。カラーはホワイト、ブラックの他、ピンクとミントのポップな2色も展開されます。

IMG_0068

サイドは前作のXperia Zに似た特徴的なスリープボタン、ボリュームキーに加え、カメラアプリ用のシャッターボタンが追加されています。カメラアプリを起動時にシャッターを切れる他、これをスリープ時に長押しする事で直接カメラを起動する事もできます。

IMG_0072

シャッターボタンそのものは細くて小さいため、少々押しにくい印章でした。

IMG_0066
ベゼルはガラスの外側のパーツが若干ガラスより浮き出ているため、ベゼル部分で指が引っかかるのが気になりました。これは個人の好みの問題かもしれません。

IMG_0071

上部はXperia Zとかわらずイヤホンジャックにカバーがついています。イヤホンジャックに水が浸入しない点は便利ですが、Optimus itシリーズやARROWSシリーズはキャップレス防水を実現しているので、ここは是非対抗してほしかった所。オーディオプレイヤーとして利用する際、見栄えも使い勝手も良くないため、ウォークマンブランドを押し出して売るのであれば、その利便性は改善して欲しい箇所でした。

GALAXY S4と並んで「ドコモのツートップ」として前面に押し出されている機種ではありますが、様々な独自機能で売り込んでいるGALAXY S4とは対照的に、これと言って特筆すべき点は無い「無難」な機種ではないかと思いました。動作の軽快感はXperia Zから改善されていますが、分厚く小さくフォルムが変化し、解像度がフルHDからHDに下がっているため、Xperia Zと比べた場合、好みが別れる機種なのではないでしょうか。

メニュー
閉じる