ガジェットショット

Xperia A2 SO-04F実機フォトレポート Xperia Z1 fと比較してチープな印象に

kirica

本日よりドコモショップ丸の内店にて展示が開始された2014年夏モデル「Xperia A2 SO-04F」を写真で紹介します。


外観は2013年冬に発売されたXperia Z1 f SO-02Fとほぼ同一ですが、細かい点に変更があります。

SO-04F-01
ラベンダー。良い色ですね。

SO-04F-02
側面のmicroSDの文字が印刷ではなく刻印で彫られています。

SO-04F-03
上部から見るとかなり丸みを帯びた印象になっています。

SO-04F-05
ボタン類がある右側面もすっきりしています。

SO-04F-06
下部分のメッシュは変わらず。

SO-04F-07
防水キャップに覆われたインターフェースは左側面に集約。

SO-04F-08
背面。

SO-04F-09
エッジを見ると、Z1 fでは別パーツだった所が一枚のパーツになっています。

SO-04F-10
ホワイトは外周がゴールドに。

SO-04F-11
ホワイトの前面。

SO-04F-18
珍しいオレンジ。

SO-04F-19
金属感のあるフレームもオレンジ色になっています。

SO-04F-21
背面も色鮮やか。

SO-04F-23
ブラック。マットで明るい質感です。

SO-04F-24
側面は暗いブラックとなっています。

SO-04F-25
落ち着いた配色ですね。

Xperia Z1 fとの比較

SO-04F-13
Xperia Z1 fと並べたところ。

SO-04F-14
フレームの面取り加工が無くなっており、文字が印刷から刻印に。

SO-04F-15
斜めから見ても印象が違いますね。

SO-04F-16
Z1 fはエッジのパーツの真ん中にガラスの板を置くデザインでしたが、A2はそれを一体化して一枚のプラスチックに。

SO-04F-17
ガラス板の端に隙間を空けたデザインのマイクが、ピンホールを空けるだけのデザインに簡略化されています。


Xperia A2はVoLTEなどの新機能にも対応しておらず、一見Xperia Z1 fのカラーバリエーションを変更したマイナーチェンジ版だと思っていましたが、実物を見てみるとかなり思い切ってコストを削った廉価版Xperia Z1 fなのではないかといった印象を受けました。とはいえラベンダーとオレンジは新色としてはとても新鮮で、ラインナップとしてはデザイン性があって良さそうです。ただ、ブラックとホワイトを見る限りXperia Z1 fと比較して重厚感、高級感が大幅に落ちており、価格はまだ公表されていないものの他の夏モデルのように9万円近い金額を払って購入する「新機種」としては不足しているように見えます。

メニュー
閉じる