ガジェットショット

国内SIMフリー版「HTC Desire EYE」開封&セットアップ!かなり気に入りました。

kirica

先日参加したHTC Desire EYE&HTC Desire 626のイベントのモニター機が届いたので、開封していきます。


htc desire eye unboxing 1

HTC Desire EYEは以前レビューしたHTC One E8と同様、HTCのスマートフォンに共通している丸角正方形の箱に入っています。

htc desire eye unboxing 2

パッケージ背面。

htc desire eye unboxing 3

開封したところ。HTC Desire EYE本体がおでましです。

htc desire eye unboxing 4

クイックスタートガイド、保証書、安全上の注意、IMEIシール、イヤホン、microUSBケーブル、ACアダプタが付属します。

htc desire eye unboxing 5

イヤホンはインナーイヤー型。

htc desire eye unboxing 6

クイックスタートガイドにはHTC Desire EYEの対応バンドと日本のキャリアのバンドの比較表が記載されており、気が利いています。

htc desire eye 01

今回モニター機としてお借りできた色はブルー。今までグローバルで金属系の質感のスマートフォンを多く出してきた中でSIMフリーでプラスチックということで安っぽい質感を想像していたのですが実物は全くそういったことはなく、マットなプラスチックと光沢感のあるフレームのアクセントにコントラストがあり、開封にワクワク感を感じました。

htc desire eye 02

正面から見たところ。

htc desire eye 03

下部の右側にmicroUSBポート。

htc desire eye 04

右側面にはシャッター・電源・音量キー。

htc desire eye 05

HTC Desire EYEの売りである1300万画素のインカメラが主張しています。

htc desire eye 06

イヤホンジャックは上部にあります。

htc desire eye 07

SIMトレイ・microSDトレイは爪で引き出せるようになっています。

htc desire eye 08

背面。マットな質感です。

htc desire eye 09

SIMトレイ・microSDトレイを開いたところ。防水パッキンが付いています。

htc desire eye 13

大きさはiPhone 6sにケースを付けたサイズ感とほぼ同じですね。

htc desire eye 14

以前レビューしたHTC One E8と並べたところ。同じブルーでも印象が全く違います。


HTCがSIMフリーに再参入ということでどんな機種が出てくるのかと楽しみにしていましたが、蓋を開けてみればSIMフリーとしては珍しい防水仕様、他のどのメーカーとも似ていないユニークなデザインと、かなり独自性のある機種でした。筐体はプラスチックの手に馴染むマット素材で持ちやすく、最近のSIMフリースマートフォンの中では最も開封時にワクワクした一台です。

今月いっぱいモニターさせていただける予定なので、実際にMVNOの格安SIMなどで運用してみたりとあれこれ試してみようと思います。

HTC Desire Eye SIMフリー スマートフォン ブルー ケースセット DESIRE-EYE-BL SET

メニュー
閉じる