ガジェットショット

格安スマホながら妥協しない質感。HTC Desire 626フォトレビュー

kirica

HTC NIPPON様より前回のHTC Desire EYEに続き、低価格モデルのHTC Desire 626の実機をレビュー用にお借りしています。


htc desire 626 01

HTC Desire 626はHTCが今期SIMフリーで投入した低価格スマートフォンで、定価は32,800円。今回レビュー用にお借りしているのはスポーティーなツートンカラーのマリーンブルー。一部ユーザーにはアイドルマスターシリーズに登場するしぶりんこと渋谷凛のレッスンの練習着そっくりな事から同色のDesire EYEと共にしぶりんカラーとして親しまれています。

htc desire 626 02

Desire 626はmicroUSBポートを下部右側に設けています。

htc desire 626 03

右側から見たサイドビュー。

htc desire 626 04

電源ボタンのメタリック感が特徴。

htc desire 626 05

上部。

htc desire 626 06

インカメラを売りにした上位モデルのDesire EYEと違い、インカメラは普通の500万画素のもの。セルフィーブームでインカメラの画素数がインフレしている現在ではあまり目立たないものの、3万円前後の機種のインカメラが500万画素まで上がったのは時代の流れを感じます。

htc desire 626 07

背面はマットな質感となっています。

htc desire 626 08

SIM/microSDスロット部分。

htc desire 626 09

開けると3連でスロットが並んでいるように見えますが、国内モデルはmicroSDとSIMスロットが1つずつあるのみ。

htc desire 626 10

SIMスロットはトレイ式となっています。

htc desire 626 11

メインカメラは1300万画素のものを搭載しています。


htc desire 626 12

HTC Desire 626の高く評価できるところはやはり、低価格帯のスマートフォンながら安っぽいプラスチックな質感にはならず、かといってファーウェイやASUSなどの競合他社のように無理矢理安い素材で金属感を出してエセの高級感を演出するわけでもなく、プラスチックを駆使した適切な高い質感を実現しているところ。決して高級感のある機種とは言えませんが、手に馴染む良い質感に仕上がっています。

HTCの今回のラインナップは光沢感のあるカラーとマットなカラーの2種類の素材で展開しており、今回のマリーンブルーはマット。もう一つのカラバリであるマカロンピンクは光沢感のあるツヤツヤな素材となっており、楽天モバイル限定色であるホワイトは光沢、ブラックはマットとなっています。個人的にHTCのマットな質感の使い方は昨年中国で購入してレビューしたHTC One E8しかり今回のDesire 626しかり、他のメーカーと比べると非常に上手い処理をしていると感じています。

楽天モバイルでは半額セールも

期間限定・数量限定となっていますが、HTC Desire 626は楽天モバイルにて税抜13,900円で購入できる半額セールを実施中。楽天モバイルでは現在マカロンピンク・ブラック・ホワイトの3色のみの取り扱いとなっており今回レビューしたマリーンブルーは購入できない状態ですが、かなり格安で手にはいるので狙ってみるのもオススメです。詳細は以下の記事から。

メニュー
閉じる