ガジェットショット

Sony Bridge for MacとFlashtoolでXperiaのファームウェアのftfファイルを作成する方法

kirica

XperiaシリーズのスマートフォンはFlashtoolというツールで.ftfファイルのファームウェアを書き込む事ができますが、純正のファームウェアに戻すためにバックアップ用の.ftfファイルを生成する方法を紹介します。

用意するもの

1. Sony Bridge for Mac
2. Flashtool

手順

recovery-1
まず、インストールしたSony Bridge for MacでXperia機器を修復を選択します。これでXperia端末が初期化されるので、データはあらかじめバックアップしておいてください。今回はXperia Z1 fを利用しました。

recovery
Xperiaが初期化され、ファームウェアファイルが作業フォルダにキャッシュされます。

「blob_fs」というフォルダに格納されているキャッシュされたファイルを探します。今回の環境では以下の場所にありましたが、環境によって違う場合があるようです。

/Users/ユーザー名/Library/Application Support/Sony Ericsson Bridge for Mac/semc_update_engine/db/13740270/blob_fs


blob_fs
blob_fsフォルダの中のFILEから始まる3つのファイルをコピーし、適当なフォルダにまとめておきます。

decrypt

続いてFlashtoolを起動し、Tools>Bundles>FILESET Decryptを選択します。

blob_files
先ほどまとめた3つのFILEから始まるファイルを選択し、選択して矢印ボタンを押して右のカラムに移します。

files
復号化されたファイルを全て右カラムに移し、機種名・キャリア・ビルド番号を入力、Createをクリック。今回はXperia Z1 f(SO-02F)の14.1.H.2.119をftf化します。

以上でftfファイルの生成が完了です。ファイル本体はFlashtoolのアプリケーションパッケージの中のfirmwaresフォルダの中に作成されるので、バックアップしたい方は別所に保管しておきましょう。今回はXperia Z1 f SO-02Fのftfファイルのため「SO-02F_14.1.H.2.119_docomo.ftf」というファイル名になりました。

純正ファームウェアの.ftfファイルを生成しておくことによって何らかのトラブルが発生した場合でもFlashtoolを使って書き戻す事ができるので、Xperiaにファームウェアを焼いて遊びたい人には必須のバックアップです。

メニュー
閉じる