WiMAX 2+ルーターのNAD11にSoftBank 4G LTEのiPhoneのSIMカードを入れてみた

WiMAX 2+とSoftBank 4Gは名称は違うものの、同じTD-LTEのBand 41と同じ規格と互換性を持っています。そこで昨日入手したWiMAX 2+ルーターのNAD11にBand 41のSoftBank 4Gに接続可能なiPhone 5cのSIMカードを挿入して検証してみました。


softbank-apn
iPhone用のLTE対応SIMカードはnano SIMカード、NAD11のSIMスロットはmicro SIMスロットのため、nano SIMアダプタでサイズを調整して挿入します。WiFiでPCからプロファイルを作成し、以前紹介した方向でSoftBank 4G LTEのAPNを取得し保存。SoftBank 4Gが繋がるエリアで電源を入れてみます。

結果

nad11-softbank-1

起動すると「利用停止中です」とのメッセージが表示され、接続できませんでした。しばらくすると「圏外」表示になり「WX」表示になりましたが、アンテナピクトは表示されず、通信はできませんでした。ステータスに電話番号は表示されるためSIMカードは認識しているものの、SIMロックがかかっているなど何らかの理由で接続できないようです。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。