ガジェットショット

U-mobileが月額790円で1GBのプランやAscend G6の分割払いなどを8月1日より提供開始

kirica

ドコモ回線を利用したMVNOのU-mobileが、従来の3GBプランに加えて1GB/5GB/7GBのプランを用意し、Ascend G6などの機種を分割払いで8月1日より販売開始します。


u-mobile
U-mobileは通話が可能な「U-mobile 通話プラス」とデータ通信専用の「U-mobile データ専用」の2種類のプランが用意され、どちらも従来の3GBプランと二段定額の「ダブルフィックス」、そして今回追加された1GB/5GB/7GBの通信量のプランが利用可能。月額は以下の通り。

プラン月額
U-mobile 通話プラス 1GB1580円
U-mobile 通話プラス 3GB1980円
U-mobile 通話プラス 5GB3380円
U-mobile 通話プラス 7GB4580円
U-mobile 通話プラス ダブルフィックス1660円〜2960円
U-mobile データ専用 1GB790円
U-mobile データ専用 3GB1480円
U-mobile データ専用 5GB2980円
U-mobile データ専用 7GB3480円
U-mobile データ専用 ダブルフィックス680円〜1980円

なおダブルフィックスプランは月間1GB以下の通信量の場合下限、1GB超過月は上限の月額となるプランです。

g6
また、Ascend G6とF132 prioriの分割払いによるセット販売も同時に提供開始。Ascend G6は月額1,242円、FT132は初回600円、以降400円の24回払いで購入可能です。

ドコモMVNOの「格安SIM」相場としては1GBで月額790円は900円台で横並びする他社と比べるとかなり攻めた価格設定な上、SIMフリー機種としてファーウェイのAscend G6に加え機種代総額1万円と格安のFT132 prioriを選択肢として用意して総額が抑えられるようになっているのは「格安スマホ」として評価できる点なのではないでしょうか。

先日auのMVNOのmineoがAQUOS SERIE SHL25日本通信がLG G2 miniを分割払いで販売する事を発表しましたが、このようにドコモやauなどのMNOキャリアを介さずMVNOを介して端末を入手できるサービスが当たり前になってくるのかもしれません。

Amazon.co.jp: U-mobile

メニュー
閉じる