ガジェットショット

Android内蔵iPhoneケース「Eye」がクラウドファンディングに登場、Qi・赤外線・デュアルSIM等を搭載

kirica

iPhoneに装着し、iPhoneの機能を大幅に拡張できるAndroid内蔵ケース「Eye」がクラウドファンディングサイトKickstarterに登場しています。



EyeはiPhone用バッテリー内蔵ケースにタッチパネルを搭載し、OSにAndroidを搭載するという大胆な方法でiPhoneの機能を大幅に拡張するというコンセプトのケース。ケースの背面に5インチのFullHD AMOLEDディスプレイを搭載し、Android 7.1 Nougatが動作。2800mAhのバッテリーを内蔵し、SDは256GBまで対応。Qiによるワイヤレス充電、デュアルSIM、イヤホンジャック、NFC、赤外線送受信機を搭載。ディスプレイ裏には車載用のマウンタも内蔵。サイズはiPhone 6/6s/7用とiPhone 6 Plus/6s Plus/7 Plus用の2種類が用意され、今年発表されるであろう新型iPhoneにも発表後一ヶ月で対応予定。常時画面に情報を表示させたままにできるAlways on display機能も搭載。

背面のディスプレイにiPhoneの画面をAirPlayでミラーリングする事でiPhoneのメインカメラで自撮りが可能、iPhoneのLightning端子からイヤホンジャックにオーディオ出力可能、NFCタグによるアクションでiPhone側のディスプレイをオフにするアクションを設定可能、赤外線受信機・送信機により赤外線リモコンを搭載した家電を操作可能、ケース内に内蔵した金属プレートでマグネット車載ホルダーで自動車に車載が可能など、iPhoneを様々な方法で拡張しています。

スペックとしてはチップセットがMediaTek Helio P20、LTEがバンド1/3/7/20に対応、デュアルSIM利用時は片方が4G・片方がGSMになる仕様(2G非対応エリアではデュアルSIMデュアルスタンバイ不可)、microSDスロットは片方のSIMスロット兼用(microSD利用時はデュアルSIM不可)、RAM 3GB、内蔵ストレージ16GB。重量は6/6s/7用が90g、Plus用が98g。

公式プロモーション動画は以下のとおり。



Kickstarterにて用意されたクラウドファンディングのコースは以下のとおり。

$95:Eye 1個(先着1万口、以降$119)
$129:Eye 4G 1個(先着1万口、以降$149)
$180:Eye 2個
$239:Eye 4G 2個

モバイルデータ通信機能の無いEyeが$95から、モバイルデータ通信機能ありのEye 4Gが$129からとなっており、実質的にスマートフォンを内蔵するケースでありながら非常に低価格。日本円にして1万円強から手に入るので、手の出しやすい価格帯のクラウドファンディング製品となっています。出資は以下のページから。

メニュー
閉じる