ガジェットショット

iOS 11 Public Beta配信開始。非開発者の一般ユーザーもベータ版の試用が可能に

kirica

以前から予告されていたiOS 11のパブリックベータ版の配信が本日より開始されました。




iOS 11は現行のiOS 10の次期バージョンとなるメジャーアップデートで、先日まとめたWWDC 2017にて発表されました。目玉となるのはiPad向けのマルチタスクで、従来の画面分割に加えアプリをポップアップ表示してよりPCライクなマルチタスクが可能に。純正ファイラーも搭載し、各種クラウドサービスとデータのやり取りができるようになっています。

発表会直後に開発者向けのベータ版が配信されていましたが、本日より一般ユーザーもベータテストに参加できるパブリックベータプログラムも開始されました。Apple Beta Software ProgramのページよりApple IDを登録することでベータテストに参加することができます。

今回配信開始されたのはあくまでベータ版。動作が不安定なことが予想されるので、インストールする場合は忘れずにデータのバックアップを取ってから臨むことをおすすめします。なお、iOS 11 Public Betaを一度インストールした端末は現状iOS 10のリリース版に戻すことが不可能なので注意が必要です。

メニュー
閉じる