ガジェットショット

iOS 11 Public Betaから通常版iOS 10に戻すと起動不能に、対策はiOS 10.3.3 beta

キリカ(管理人)

本日一般向けに配信開始されたiOS 11 Public Betaですが、一度アップデートを行った後には通常版のiOS 10に戻しても起動することができません。




一度iOS 11 Public Betaにアップデートした状態でiTunesを用いてiOS 10.3.2に復元を試みると、iPhoneがiTunesマークが表示された状態から起動しない状態になります。いわゆる文鎮化。この状態で何度復元を試みても起動することはできません。

現状でのiOS 10へのダウングレード方法


現状、一度iOS 11 Public Betaにアップデートしたデバイスを再度正式版のiOS 10にダウングレードして起動ささせる方法は無く、唯一iOS 10に戻す方法としてiOS 10.3.3 Public Betaを利用するという手があります。

AppleのAbout iOS beta softwareのページにはIf you want to switch from iOS 11 beta to iOS 10
という項目があり、この手順に従うことでiOS 10に戻すことができます。なおページは英語版でのみ提供されており、日本語版には最新の情報が掲載されていません。またベータ版のダウンロードページも日本語版には最新のものが掲載されていないため、英語版にアクセスする必要があります。手順の概要は以下の通り。

1. 最新版のiTunesがインストールされているか確認
2. iOS 10.3.3 Public Betaをダウンロード
3. iPhoneをリカバリーモードにしてPCに接続
4. Macの場合option、Windowsの場合shiftキーを押しながら復元ボタンをクリック
5. 先ほどダウンロードしたファイルを選択

以上でiOS 10.3.3 Public Betaへの復元が完了します。

なお、Appleのカスタマーサポートに問い合わせたところ、iOS 10.3.3 Public Betaから以前のiOSにダウングレードすることは不可。ただ、正式版のiOS 10.3.3がリリースされた際にはそちらにアップデートすることは可能とのことでした。

このように一度iOS 11 Public BetaにアップデートするとiOS 10に戻ることはできないので、導入する場合はその点を考慮して行うことをおすすめします。なお、以前にiOS 10.1 Public BetaにLINE履歴をiCloudで移行したらBetaから帰ってこれなくなりハマった話。という記事も公開しているので併せて参考までに。

メニュー
閉じる