ガジェットショット

iPhone 4Sに続く4G対応iPhone 5はSprintから?WiMAX搭載au版にも期待が高まる

kirica


AppleからiPhone 4Sのみ発売されiPhone 5の発表は無く、
噂されていた高速通信の4G対応も見送られましたが、
iPhone 5にはこれを実装して発売されるかもしれません。

Appleの発表前に米Sprint社が4G WiMAX搭載iPhone 5を先行独占販売と報じされ、
3000万台という重いノルマを背負わされたとの事でしたが、
Appleの発表直前に同WSJは次のiPhoneはWiMAX非対応と報じ、
その通りiPhone 4SはWiMAXや他の4G規格には対応せずリリースされました。

しかしSprint社が3000万台という重いノルマの契約を承諾したのはiPhone 4Sに続く4G対応の「iPhone 5」の独占販売期間のためで、
実際今回のAppleの発表でもティム・クック氏は「iPhone 5は”まだ”出さない」と言及しており、
時期は未定ながらも今後リリースされる可能性は低くない事が予想できます。

ハードウェア的にSprint社のWiMAXネットワークに対応した場合、
WiMAX搭載iPhone 5によりKDDIのauも恩恵を受ける可能性が十分にあり、
auからWiMAXテザリング搭載iPhone 5がリリースされる事が考えられます。

メニュー
閉じる