SoftBank/auのiPhone 5sとiPhone 5のSIMは使い回しが可能か検証してみた

iPhone 5と同じくnano SIMを採用しているiPhone 5sですが、相互にSIMカードが使い回せるか検証してみました。


IMG_11632
SoftBankのiPhone 5sのnano SIMカードは、iPhone 5のものと比較すると(C)のマークが追加されています。SoftBankはキャリア内でもiPhoneとAndroidを別のSIMカードにすることでキャリア内SIMロックで使い回しを封じている事もあり、別物である可能性があるため検証してみました。

IMG_1164
iPhone 5とiPhone 5sのSIMカードを相互に入れ替えてみた結果、データ通信には成功しました。auでも同様のテストを行ってみた結果、無事データ通信に成功。SoftBank、auともにiPhone 5とiPhone 5sのSIMカードは使い回す事ができそうです。ただし、これがパケット定額に収まるかは前例がないため、行う場合は自己責任となってきます。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。