ドコモ版iPhone 5sでAndroidのSIMは使えるのか検証してみた

spモードで接続されるドコモ版のiPhone 5sですが、他のAndroidなどの契約のSIMカードで接続できるのか検証してみました。


IMG_1183
左がiPhone 5sのnanoUIMカード、右がドコモショップで以前発行したデータ通信契約のnanoUIMカード。微妙にデザインが違いますが、サイズは同じ。

通信は可能、APN設定オプションは無し

IMG_0044
データ契約でISPはspモードとmoperaを契約しているnanoUIMを挿入してみたところ、問題なく通信できました。ただ、APNを設定する項目が無く自動でspモードのAPNに繋がってしまうため、moperaを利用したい場合はiPhone 構成ユーティリティを利用してAPNを手動で上書きする必要がありそうです。

専用の料金プランが用意されたドコモのiPhone 5sですが、Xiパケ・ホーダイ for iPhoneでなくともspモード接続ができるようです。7GBのデータ制限を超過した場合などに他のSIMを使い回したい場合でも使えるのは便利かもしれませんね。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な物を見つけるのが楽しみ。10歳の頃にHTMLに出会い、以来理想のサイト作りを追求中。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」で行くドライブと写真撮影と甘いもの。