Apple純正「MagSafe対応iPhone 12レザースリーブ」レビュー。MagSafe世代の裸iPhoneの一つの最適解

AppleからiPhone 12シリーズに合わせて発売された「MagSafe対応レザースリーブ」を実際に買って使ってみたので紹介していきます。


MagSafe対応レザースリーブはAppleから販売されている純正のレザースリーブ。MagSafe対応を謳っており、iPhone 12シリーズのMagSafe機構に連動するのが特徴。

iPhone 12 mini用、iPhone 12/iPhone 12 Pro用、iPhone 12 Pro Max用の3サイズ全てが展開されています。

主な機構としてはiPhone本体の格納、クレジットカードの格納、スリーブを付けたままのMagSafe充電、スリーブを付けたままの切り込み部分からの時刻表示・充電状態確認・着信表示など。

それでは早速パッケージの中身を確認していきます。

箱を開けるとレザースリーブ本体ぴったりに箱が作られている事がわかり、iPhone 12シリーズと同様のミニマルサイズなパッケージ。非常にApple純正品らしい箱です。

スリーブ本体のほか、専用のレザーストラップも付属します。

スリーブ内に挟まれているパッケージにはカードが格納できる旨の図が掲載されています。

こちらがスリーブ本体。今回はオーソドックスな「サドルブラウン」のカラーを選んでみました。

背面。汎用品には無い専用スリーブの大きな特徴として、カメラ部分が盛り上がっています。

iPhone 12 miniを挿入したところ。画面側を窓がある側にして挿入する事で連動機能が使えます。

画面保護ガラスを装着したままでも使えましたが、厚みの分ややきつくなるのは注意。

こちらが付属のレザーストラップ。留め具はマグネット式となっています。

スリーブ本体に装着したところ。長さとしては長めで、個人的にはもう少し短いストラップを用意するか、調整機構を設けて欲しかったところ。

留め具の金属部分は非常に精巧に噛み合っており、初見では外れないか心配する外見をしているものの、実際はめ込むと安心感を感じる不思議な機構。この辺りの工作精度の高さも純正アクセサリならでは。

同じく「サドルブラウン」のiPhone 12 Pro Max用のスリーブにゴールドの本体を組み合わせたところ。光沢フレームの「Pro」シリーズは光沢とのコントラストがあり、レザーのアクセサリが良く似合います。

クレジットカード用のポケットは窓側に隠されています。

小窓からはレザーの色に合わせた表示の情報表示が連動して表示されます。

MagSafe充電器は背面にそのまま装着でき、磁力でくっつけたまま貫通してワイヤレス充電が可能。また、充電時は小窓にその旨が表示されます。

裸or対応ケースしか選べない、MagSafe時代の一つの選択肢

iPhone 12シリーズよりiPhoneに採用された「MagSafe」は磁力によるアクセサリの吸着、及びワイヤレス充電の利便性を一つにまとめた魅力的な機能。このMagSafeを活用したサードパーティのアクセサリは既にレビューしている背面装着型モバイルバッテリーマグネット吸着式車載充電器など次々と登場しており、この利便性を最大限活用するためには「ケース無し」「純正MagSafe対応ケース」あるいは数少ないMagSafe対応のサードパーティのケースを選ぶしかないといった状況。従来の分厚いサードパーティのケースではMagSafeは使えないのです。

そんな中でAppleが提案する一つの解決策が、「ケースは付けず、スリーブに入れて持ち運ぶ」という事なのでしょう。このスリーブを使えばiPhoneを使う時は傷から守る事ができ、充電の際はそのままMagSafeが使え、取り出せばMagSafeアクセサリ群が100%満喫できるという格好で、出し入れの手間さえ惜しまなければMagSafeを気持ちよく謳歌する事ができます。

小窓から見える申し訳程度の情報表示は正直あまり実用性は高く感じませんでしたが、スリーブを貫通して充電できるという仕様上、しっかり充電できているかを確認できるのはサードパーティのレザースリーブと比べると安心感があるところ。

モノとしてもヨーロピアンレザーを用いて高い工作精度で作られており、作りはAppleらしい完成度の高さ。先日レビューしたApple純正レザーウォレット同様に「出し入れはしにくい」と感じる事もあり、また付属のレザーストラップも長すぎるため好みのストラップに交換しようかなと思う長さ(それが出来る事自体は嬉しいポイント)というネガを感じる点もいくつかあるものの、純正でMagSafeギミック搭載、貫通充電可能といったレザースリーブの存在は用途に上手くハマれば唯一無二の貴重なアイテムなのかなと思います。

Apple純正MagSafe対応iPhone 12レザースリーブはApple公式サイトのほか、ビックカメラ.comなどの家電量販店でも取り扱い中。価格は税別14,800円(税込16,280円)と高めですが、工作精度の高い専用設計のジャストサイズ&MagSafeギミック付きのレザースリーブと考えると内訳も少し理解できるところはあります。

カラーは今回紹介したサドルブラウンのほか、ピンクシトラス・バルティックブルー・レッドを入れた合計4色展開。iPhone 12シリーズを裸運用する覚悟があり、AppleのMagSafeアクセサリにどっぷり浸かりたいといったコアなiPhoneユーザーには刺さりそうなニッチな一品です。


MagSafeに対応したアクセサリのおすすめはiPhone用MagSafeアクセサリおすすめの記事にて厳選してまとめているので是非参考にしてみてください。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。