iPhone 12/12 miniのグリーンに似合うケース「NATIVE UNION Clic Canvas」レビュー

iPhone 12 miniのグリーンが気に入っているので色を活かしたケースを探していたところ、NATIVE UNION Clic Canvasというケースに出会ったので実際に買ってみました。


今回購入したのはNATIVE UNIONのClic CanvasというiPhoneケース。以前レビューした同メーカーのポーチのStow Accessory Organiserと同じカラーの「セージ」がiPhone 12 miniのグリーンにマッチしそうだったので、実際に購入して試してみました。

パッケージは横スライド式でケース本体が格納されておりスタイリッシュ。

こちらがケース本体。内側にはプレミアムなファブリック(布)素材を使った製品である旨がプリントされています。

Native Unionの象徴である斜線を用いたデザインとなっており、iPhoneのカメラ部分を切り分けるようなツートンで布とTPUの二つの質感が織り交ぜられています。

iPhone 12 miniに装着したところ。

下部はU字に開口しており、下からのスワイプ操作が快適。

右側面。

上部。

左側面。

背面のiPhone 12の薄緑とも悪くないマッチングだと感じます。

右側面のブランドロゴ加工も主張しすぎず良い具合。

背面は全体に厚みがあり、カメラ部分をすっぽり覆ってフラットになっているのは良いポイント。

布部分の中央にはNative Unionのロゴの斜線が縫われています。

MagSafe「充電」は可能

Amazonの商品ページの説明欄には「ワイヤレス充電に対応: Qiワイヤレス充電とMagsafeに対応し、ケース装着したままにすべてのポートもアクセスできる。」と記載されていたのでMagSafeマグネットが内蔵されているものかと思いきや、本製品はそういった仕組みは無し。単にMagSafe充電器とQiのワイヤレス充電を通すケースであるというだけで、マグネットによるスタンドや車載ホルダーなどは利用できませんでした。

Apple直販でも取り扱いのあるAppleに近しいメーカーだっただけに、この点は残念。

色のセンスは絶妙。ケースとしてはもう一歩

Native Unionは昨年レビューしたレザーケース「CLIC Marquetry Leather Case」然り、今年レビューした「Stow Accessory Organiser」然り、過去の製品から抜群の色のセンスを感じてきました。Apple公式サイトでも取り扱いが多く、Appleのお墨付きのスタイリッシュさを持っているメーカーと言っても良いかと思います。

本製品も例外ではなく、実物を見ても中々絶妙な色使いでグリーンのiPhone 12/iPhone 12 miniに良くマッチする色合いです。「Stow Accessory Organiser」とセットで使うと統一感が出るというのも同じメーカーのシリーズ物として嬉しいポイント。

一方でiPhoneケースとしての実用性を見ると、もう一歩と感じる点があるのも事実。さらさらなTPUは手触りは悪くないものの、エッジも尖っており、それほど持ちやすくはない形状。ボタン部分の押し込みやすさも他社の同価格帯のケースと比べるとぎこちなさを感じてしまい、TPU部分の作り込みをもう少し頑張って欲しかったなと思いました。

MagSafeのマグネットアクセサリに非対応なのも実用上惜しいところで、徐々に増えてきたMagSafeアクセサリが活用できないのは残念な限り。背面のパネルは一般的なケースと比べると厚みがある形状なので、是非とも厚みの中にMagSafeの機構を盛り込んで欲しかったところ。

様々な優秀なケースを試してきた身としてはケースとしての未成熟感は拭えないものの、やはりNative Unionらしい色使いは他社に無い魅力。Amazonでの購入価格は4,180円でしたが、機能性ではなくスタイリングにお金を出すのだと思えば意外と合点がいく見た目の良いケースかもしれません。



iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 mini、iPhone 12 Pro Maxに最適なiPhone 12シリーズ用ケースのおすすめはiPhone 12/12 Proシリーズ用おすすめケースの記事でMagSafe対応、超薄型、耐衝撃、ストラップホールの有無などの目的別にまとめているので是非参考にしてみてください。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な物を見つけるのが楽しみ。10歳の頃にHTMLに出会い、以来理想のサイト作りを追求中。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」で行くドライブと写真撮影と甘いもの。