Appleの9月15日の発表を見て実際に購入した物・迷っているものまとめ

2021年9月15日に行われたAppleの発表イベントを見て、実際に購入したものや、これから購入しようか迷っている物を紹介していきます。


発表を見て購入したもの

まずはAppleの発表を見た後、既に購入したものを紹介していきます。

iPad mini(第6世代)WiFi+Cellular 256GB パープル

発表を見て真っ先に購入したのが新しいiPad mini。4月に発売されて購入して以来愛用しているパープルのiPhone 12 miniと同系統の色で揃えたく、新色のパープルを購入しました。iPad miniは2019年モデルの5世代目をずっとコンパクトなiPad枠で愛用しており、ホームボタン付きの筐体をアップデートしたいと前々から思っていたので満を持する形で購入。比較記事でも紹介したとおり、先代モデルから大幅にパワーアップしています。

用途としてはSONY α7IIIなどのミラーレス一眼から取り込んだ写真のAdobe Lightroomでのレタッチ、第2世代Apple Pencilでのお絵描き、YouTube・dアニメストアAmazonプライムビデオなどの動画コンテンツの再生、原神などの3Dゲームのプレイといったところの予定です。

Smart Folio

iPadの必需品Smart Folioを今回iPad mini用にも購入。長年iPadシリーズを使ってきてApple純正のスタンド機能付きカバーは必須だと感じているので、これは完全にiPad miniとセットで購入しました。詳しくはiPad mini(第6世代)向け必需品9選の記事でも詳しく紹介しています。

第6世代iPad mini用OverLay Brilliant

iPad mini用の保護フィルム、ミヤビックスのOverLay BrilliantをAmazonで購入。タブレットサイズになると面積が大きくなって重たくなるので、せっかく軽量なiPad miniの軽さを活かすために軽量な従来型保護フィルムを選択。販売開始とほぼ同時に注文したものの配送日が発売日翌日の9月25日になっているのが発売日当日に前倒しされるのか気になるところ。

Apple Watch用イングリッシュラベンダーブレイデッドソロループ 

今回のAppleの発表と同時に発売されたApple Watch用ブレイデッドソロループの新色「イングリッシュラベンダー」を購入。ブレイデッドソロループ自体は昨年レビューしており、継ぎ目のないぴったりなフィット感はお気に入りのバンドの一つ。カラーバリエーションが乏しいことが弱点だったのですが、今回iPhoneとiPadに合った色が発売されたので買い増し。余談ですが、イングリッシュラベンダーという響きがとても良いです。

Apple Watch用チョークモダンバックル

こちらもApple Watch用バンドになりますが、モダンバックルの新色「チョーク」を購入。モダンバックルも昨年レビューしているバンドで、着脱機構と長さを決める機構が分かれているため着脱が毎回同じ長さでワンスナップでできる手軽さがお気に入りポイント。

見た目はとても気に入っていたのですが、ライラックのカラーは服を選ぶので違う色が欲しいなと思っていたところ今回のチョークが新発売。一目見て購入する事を決めました。

これから購入するかもしれないもの

iPhone 13 Pro Max シエラブルー

iPhone 13シリーズは様子見と書きましたが、改めてシネマティックモードを再確認すると実際に触って確認してみたいと思い始めました。

シネマティックモードは被写界深度を動画と併せて記録することで、任意のピント合わせとボケを実現できる機能。iPhone 13 Pro/iPhone 13 Pro Maxであればこれにトリプルレンズの画角の自由度も加わるため、一人で作れる映像表現の幅がかなり革新的に広がる可能性があると感じました。

今年はiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxにカメラ性能の差は無いためカメラ単体が目当てであればiPhone 13 Proで良いかなと思ったのですが、既に持っているiPhone 12 Pro Maxとの公平な比較がしたい点、120Hzのディスプレイを使ったゲーミング性能も試してみたいという点から、iPhone 13 Pro Maxを買ってみようかなと心が動いています。

Apple Watch Hermès Series 7 アトラージュ・ドゥブルトゥール

秋に発売予定のApple Watch Series 7ですが、発表を軽く見た限りでは好みのバンドが無く今すぐ買わなくても良いのかなと思っていました。ところがApple Watch Hermès公式ページを見ていたところ昨年購入したSeries 6の物と同じデザインの新色「アトラージュ・ドゥブルトゥール」を発見。色・外観ともにかなり好みなので、正直かなり気になっています。

Apple Watch Hermèsのこういった特殊カラーのバンドは在庫限りで終売してしまうため、過去に「いいな」と思っていたら売り切れて二度と手に入らなくなった事も多々あり。同じApple Watch HermèsのSeries 6を売却すればそれなりに少ない出費で乗り換えられる可能性もあるので、その辺りも含めて考えて発売日まで悩みたいと思っています。


今回のAppleの新製品を眺めた感想としては、新しいiPad miniはカラバリとそれに合わせたアクセサリが最低限揃っている一方で、iPhoneは新色と用意されているアクセサリがチグハグな印象を受けました。例えば新しいレザーウォレットに紫系のウィステリアがラインナップされるなど紫の拡充が図られているものの、新機種にはそのカラーは無し。iPhone 12シリーズを続投したほうが色の統一感が保てるなと感じる並びでした。

そんな中ノーマークだったApple Watchの各種新色バンドはApple製・Hermès製いずれも想像以上に物欲を掻き立てられる物が多く、昨年カラバリが弱点だったバンドに魅力的なカラーが追加されるなど、充実度の高い内容。Appleのバンドは既に2本を注文済み、Series 7の新Hermèsも欲しくなっているので、今回は個人的Apple Watch当たり年かもしれません。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。