M2チップ搭載MacBook Air、本日より予約受付開始。発売日は7月15日

新しいM2チップを搭載した新型のMacBook Airが本日7月8日よりAppleにて予約受付を開始しています。


新型のMacBook Airは新たにApple製のM2チップを搭載し、14・16インチMacBook Proのようなフラットな筐体デザインにアップデートされた2022年モデル。先代の2020年モデルのM1チップ搭載MacBook AirはIntelチップ時代のMacBook Airから筐体は引き継ぎとなっていたため、今回Appleシリコン搭載MacBook Airとしては初の新筐体となります。

M2チップはM1チップと同じく8コアCPUを搭載しつつ、GPUを2つ増やし8コア→10コアに。メモリは従来どおり標準で8GBとなっていますが、今回からM1チップで選択できた16GBに加えて24GBも選択可能になっています。

価格は256GBのSSDと8GBのメモリを搭載したモデルが164,800円から。なお従来型のM1チップのMacBookも併売され、価格は134,800円からとなっています。

新型MacBook AirはApple公式サイト以外にもAmazonでも予約受付開始されているので、Apple公式サイトよりも早く手に入れたい、あるいはお得に手に入れたい方はAmazonもおすすめ。現在Amazonでは先日解説したギフト券チャージで3%還元されるキャンペーンも実施されているので、最安モデルでApple直販よりも約5,000円ほど安く購入可能です。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のサイト作りと愛車「エリーゼ」「ジュリエッタ」でのドライブとカフェ開拓。2022年1月1日からガジェットVtuberとしてYouTubeも始めました!