Amazonプライムデー1日目に読者が買ったガジェットランキングTOP10

多くのガジェットが特価で購入できるAmazonプライムデー。2日間の開催期間のうち、1日目に読者が買ったガジェットのランキングを紹介していきます。


2022年のAmazonプライムデーは7月12日と7月13日の2日間。今日は2日目という事で、1日目の間にキャンペーンのまとめ記事おすすめのガジェットの記事のリンクから読者が購入したガジェットの中で人気の商品はどれだったのか、ランキング形式でまとめていきます。

ランキング

1位:Fire TV Stick

今回のAmazonプライムデーの目玉の一つであるFire TV Stickが1位にランクイン。通常4,980円で販売されているTVのHDMI端子につけるスティックタイプのメディアプレイヤーですが、今回のセールでは1,980円に。更に2本購入で1,000円引きというキャンペーンもあるため、2本買うと1本あたり1,490円というバーゲンプライス。

旅行や出張のお供に持参しても荷物にならないサイズなので、ホテルの部屋のテレビで使うのにもぴったりです。

1位(同着):Fire TV Stick 4K Max

4K動画とWi-Fi 6にも対応したFire TV Stick 4K Maxも標準モデルと同じ台数で、同着1位。こちらも6,980円→3,480円と割安になっていた上、通常のFire TV Stickと同様に2本買えば1,000円引きの対象。1本ずつ購入する事も可能なので、上下モデルセットで買った人も多かったかもしれません。

3位:SwitchBot Hub Mini

割引率パワーでAmazon製品ばかり並ぶランキングの中で意外にも3位にランクインしたのがSwitchBot Hub Mini。割引としては3,980円→2,990円の25%オフ。

SwitchBot Hubという名前から一見SwitchBotのマイクロロボットや温度・湿度計を操作するための専用製品に見えますが、赤外線リモコン機能でテレビやエアコンをアプリやスマートスピーカーから操作できるようにできる汎用性の高いアイテム。

これ一台を導入すれば赤外線リモコンで操作する家電がまとめてアプリ・声で操作できるようになる他、外出先から遠隔操作も可能になるスマートホーム構築の中心になるデバイス。これを中心にスマートホーム機器をそろえていった人も多かったのかもしれませんね。

4位:Fire HD 8 Plusタブレット

AmazonのFireタブレットは7・8・10インチがラインナップされていますが、その中間モデルである8の上位モデル「Fire HD 8 Plusタブレット」が4位にランクイン。割引は11,980円→5,990円と大きめ。

下位モデルのFire HD 8タブレットと比べRAMが2GB→3GBと大容量になっている他、ワイヤレス充電スタンドにも対応し、Showモードを使うことでスマートスピーカーとして振る舞うことも可能。Fire HD 8タブレットとの価格差は1,000円ですが、1,000円差なら上位モデルを取ろうという方が多かったようです。

5位:Echo Show 5

画面付きスマートスピーカー「Echo Show 5」が5位。画面無しモデルが一番売れるかと思っていましたが、3,980円で画面までつくのであればこっちにしようという方が多かったのでしょうか。

なお、初めてのEchoの場合更に1,000円割り引かれ2,980円になるのでスマートスピーカーデビューにはかなりお買い得な一台となっています。

6位:Echo Dot 第4世代

6位もスマートスピーカーで、球体の第4世代Echo Dot。間接照明になったインジケーターのイルミネーションが綺麗な世代です。5,980円→2,180円と割引率も高め。

7位:Amazonスマートプラグ

Amazon自社のスマートプラグもランクイン。扇風機などのシンプルな家電をAlexaから電源オン・オフできるというもの。価格は1,980円ですが、Echoデバイスと同時購入で1,630円OFFというキャンペーンで350円とかなり割安になるのでとりあえず買った人も多いかもしれません。

8位:Echo Buds

Amazon自社のワイヤレスイヤホンEcho Budsもランクイン。今年発売されたばかりの新機種ですが、今回のセールで12,980円→5,980円とかなり安くなりました。この価格でノイズキャンセル機能までついているのはお買い得感がありますね。

9位:Anker PowerLine III Flow

AnkerのUSB type Cケーブルが9位にランクイン。個人的にも愛用している製品で、さらさらのケーブル外装と端子側の金属リングの質感の高さが気に入っています。

価格は1,890円→1,512円の2割引。

10位:Fire HD 8タブレット

Amazonの8インチタブレットの下位モデルもランクイン。こちらは9,980円→4,990円の半額で、上位モデルのPlusより1,000円割安。また2点買うと1,000円引きになります。

やはりAmazonデバイスが強かったプライムデー

やはり予想通りと言いますか、セールの目玉であり割引額も大きいAmazon自社デバイスがランキングのほとんどを占領する格好となりました。ただ一方で順位は少し意外なところもあり、タブレットは上位モデル、スマートスピーカーは画面付きの方が売れており、Fire TV Stickも4Kモデルが下位モデルと同着という点から割安な中でも良い物を使いたいという人が多いのかなという印象を受けました。

余談、Amazonのセールイベントで恒例だった「現金でチャージするとポイントが貯まる」キャンペーンは7月21日で終了するので、現金チャージして買い物の還元率を上げられるのは今回のAmazonプライムデーが最後。今回のセールでAmazon Mastercardの方が還元率が高く設定されていた事からも、自社クレジットカードでの買い物を優待する方向に進んでいく予兆が見られます。気が早いですが、Amazonヘビーユーザーの方は今後のAmazonセールを見据えて21日までに滑り込みで現金チャージしておくか、Amazon Mastercardを発行しておくのも事前準備として良さそうですね。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。趣味は理想のサイト作りと愛車「エリーゼ」「ジュリエッタ」でのドライブとカフェ開拓。2022年1月1日からガジェットVtuberとしてYouTubeも始めました!