ガジェットショット

1,500円未満のラウンド加工でコスパ良し。Xperia Z3の画面用「和の硝子」レビュー

kirica

以前から使用していたXperia Z3用の保護ガラス「Spigen GLAS.tR SLIM」に亀裂が入ってしまったので、Amazonで安価に入手可能な保護ガラスを購入してみました。


nagomi glass for xperia z3 3

こちらが亀裂の入ってしまった場所。最初は角が欠けていただけでしたが、そのまま使っていたら欠けた箇所から亀裂が入って真っ二つに。1月の頭に装着してレビューしたので、半年弱の命でした。

nagomi glass for xperia z3 1

今回購入した「和の硝子(なごみのがらす)」。Amazonにて1,480円で販売されているものでいかにも日本のブランドといった和風のパッケージ画像となっていますが、実際のパッケージは怪しいアジアン製品に日本語のパッケージ画像を差し込んだだけといった感じ。

nagomi glass for xperia z3 2

同梱物はガラス本体の他にホコリ除去シール、アルコールクリーナー、クリーニングクロスといった保護ガラス定番の付属品に加え、丁重に日本語での装着マニュアルが印刷されています。

nagomi glass for xperia z3 4

ガラスは接着面のみフィルムが装着されています。こういったところは貼り付けやすいようにタブが付いているSpigenのGlas.tR SLIMに分がありますね。

nagomi glass for xperia z3 5

保護ガラス製品にはアルコールクリーナーなどが付属しますが、画面からホコリを除去して完璧に貼りたいのであればエアダスターを用意しておくのがオススメです。クロスで画面を拭いた後にエアーダスターで拭けば指紋をつけずにホコリだけ飛ばせるので、かなり捗ります。

nagomi glass for xperia z3 6

装着したところをローアングルから。

nagomi glass for xperia z3 7

説明通り、ラウンド加工されています。


Xperia Zシリーズは最新のXperia Z4が発売されたばかりですが、一世代前になったXperia Z3は完成度が高い上に白ロムも4万円未満という高いコストパフォーマンスの機種。発売日から使っている方はそろそろ今回のような保護ガラスの破損があったりする時期ですが、サードパーティからこういった製品が安価に流通していて修理無しにコスパ良くメンテできるのもXperiaの魅力なのではないでしょうか。シルバーグリーンのカラバリも気に入っているので、まだしばらくは使い続けそうな気がします。

【フル・ブルーム:和の硝子(なごみのがらす)】2015年 新リリース カメラ穴あり Xperia Z3 極薄 0.26mm 国産ガラス採用 ガラスフィルム “フル・ブルームだけのなめらかな使い心地” 強化ガラス製 液晶保護フィルム SONY softbank ソフトバンク au docomo ドコモ 2014-2015 冬春モデル 厚さ0.26mm 日本旭硝子社 日本製ガラス採用 2.5D 硬度9H ラウンドエッジ加工(前面フィルム)

メニュー
閉じる