ガジェットショット

GALAXY Note Edge SCL24、納入遅れから東名阪と沖縄のみで販売に変更

kirica

10月23日に発売予定のGALAXY Note Edge SCL24ですが、全国一斉発売予定だったものが東名阪・沖縄のみでの販売に変更されたようです。


galaxy-note-edge-08

別素材使用による製造遅れによりホワイトは翌月発売となっているGALAXY Note Edge SCL24ですが、ブラックに関しても現在メーカーの納入が遅れており、在庫の限りから当初の全国一斉販売を取り下げ予約状況から東名阪と沖縄のみでの販売になりました。その他の地域での販売については、別途案内されるとのこと。

従来プラスチック製だったGALAXYシリーズとしては今回珍しく金属フレームの削り出しやこだわった背面素材によって質感を上げているGALAXY Note Edgeですが、その影響か、製造が追いついていないのかもしれません。

au、「Xperia Z3」発売を1日前倒して23日に – ケータイ Watch

メニュー
閉じる