米Sprint、京セラ2画面タッチパネルAndroid「Echo」発表

米Sprint、京セラ2画面タッチパネルAndroid「Echo」発表


京セラがアメリカのキャリア「Sprint」に提供する、
2画面タッチパネルAndroidスマートフォン「Kyocera Echo」が発表されました。


閉じた状態ではこのように普通のスマートフォンの形状ですが、
開いて2画面タッチパネルが利用できるギミックが搭載されています。

スペックは以下の通り
携帯としては基本仕様は1GHz 第2世代 Snapdragon プロセッサ (QSD 8650)、1GBオンボードメモリと8GB microSDストレージ (32GBまで拡張可能)、LEDライトつき5MPカメラ (動画は720p)、802.11b/g WiFI、Bluetooth 2.1+EDRなど。Sprint の最新鋭スマートフォンながら WiMAXには対応しません。Androidのバージョンは2.2。
世界初の2画面タッチAndroid携帯 京セラEcho 発表、960 x 800 タブレットモードに変形

また、スライドギミックが確認できる動画も公開されています。


通信方式はCDMA2000を採用していますが、
果たして同じCDMA2000を使用している日本のauからのリリースはあるのでしょうか。

via 京セラがCDMA2000対応のAndroidスマートフォン「Kyocera Echo」を発表、タッチパネル2枚を搭載 – GIGAZINE
キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。