IIJmioが100円でOPPO R15 Neoを購入できるキャンペーンを再開!初期費用1円、月額300円

IIJmioが100円でOPPO R15 Neoを購入できるキャンペーンを再開!初期費用1円、月額300円

先日たった1日で完売してしまったIIJmioのシェアNo1記念キャンペーンが再開しています。


今回のIIJmioのキャンペーンはIIJmioの音声契約SIMカードの契約を条件に、SIMフリーのスマートフォンを安く購入できるというもの。キャンペーン対象の機種は以下のとおり。

  • OPPO R15 Neo (24,800円→100円)
  • arrows M04 (21,800円→5,000円)
  • ZenFone Live(L1) (16,800円→5,000円)
  • AQUOS sense plus SH-M07 (36,800円→10,000円)

キャンペーン期間は3月22日までとなっていますが、2月下旬に開始された際は1ヶ月のキャンペーン期間があったにも関わらず1日で完売してしまったため、今回も早く売り切れてしまう事が予想されるにで欲しい方はお早めに。

今回のキャンペーンでは本体代の割引のほか、契約の初期費用も3,000円→1円に割引、月額も3ヶ月間1,300円引きとなり「ミニマムスタートプラン」が1,600円から300円になり、1年間データ量も1GB増量されるという大盤振る舞い。なお、IIJmioの音声プランは12ヶ月以内の解約は音声通話機能解除調定金が発生し最短での解約は12,000円、毎月1,000円ずつ減額され、12ヶ月経過後は0円で解約できるようになります。

自分は先月本キャンペーンが実施された際OPPO R15 Neoを購入4230mAhの大容量なバッテリーを搭載、DSDVのVoLTE同時待ち受け対応で100円という破格。2つの別キャリアのSIMカードを入れて使う事も可能、かつ電池持ちに優れたBluetoothテザリングも可能なので、ドコモ・au・ソフトバンクの別の通信網にオフロードして通信できるルーター端末として活躍しそうです。

OPPOの他ではAQUOS sense plus SH-M07も魅力的で、防水・防塵・おサイフケータイを兼ね備えている便利な国産モデルでありながら、36,800円→10,000円と割引額が今回のラインナップの中では最大。低予算で1台でこなすには有力な選択肢です。


2月に一度開始したものの即完売で終了してしまった本キャンペーン。回線の維持費を含めてもMVNOによる端末セールとしては破格なので、格安のSIMフリースマートフォンが欲しい方、前回のキャンペーンを逃してしまった方は今回の機会に是非。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。