ガジェットショット

防水のXperia Z3 SOL26が突然文鎮化。水没扱い→メーカー保証対象外→修理費61,000円。

キリカ(管理人)

愛用していたスマートフォンXperia Z3 SOL26が突然死して起動しなくなってしまいましたが、原因は水没による基板の腐食だったようです。


xperia z3 sol26 8

前回の記事ではXperia Z3 SOL26が突然起動しなくなり、auのキャリア補償である安心ケータイサポートに関しても格安SIMのmineoに移行するために解約してしまった直後のため、通常修理に出したことを紹介しました。ただし購入から1年以内のため自然故障が発生した場合はメーカー補償により無償修理になるということで、メーカー修理に出したという流れです。店頭では突然起動しなくなったということで自然故障による無償修理になりそうです、といった案内でした。

Xperia Z3 SOL26が突然起動しなくなったので修理に出してきました。


基板腐食のため修理費61,000円。

xperia z3 submerge 1

しかし今回修理センターから報告を受けたauショップによると、起動しなくなったXperia Z3 SOL26は基板が水分により腐食しており、水没扱いのため自然故障扱いにならず、メーカー補償対象外で修理費61,000円の見積もりとのこと。さすがにその金額だとAmazonで新品白ロムが4万円台なので白ロムを買いなおした方が良さそうです。修理は行わず、起動しない本体だけを泣く泣くauショップで回収して帰りました。

水没復旧アイテムを試す

xperia z3 submerge 2

さすがに6万円以上の高額な修理費は払えないので、ダメ元でAmazonにて購入してあった水没したスマートフォンから水分を吸収して復活させてくれるお助け119番で復旧を試みてみました。

お助け119番


xperia z3 submerge 3

スマートフォンの水を拭き取り密閉して丸一日〜二日寝かせることで水分を吸収してくれるというものです。

xperia z3 submerge 4

Xperia Z3 SOL26の防水キャップを外していざ袋の中へ。

xperia z3 submerge 5

袋の中には普通の乾燥剤が入っていました。

xperia z3 submerge 6

普通のシリカゲルです。

無理でした。

当然ですが、丸三日72時間以上放置してみましたが残念ながらうんともすんとも言いません。いわゆる完全に「文鎮化」した形です。ACアダプタを繋いでも反応が無く、電源ボタンも強制リセットボタンも反応無し。ただのオブジェと化しました。

「防水」を過信するべからず。

Xperia Z3はIPX5/IPX8の防水性能を謳っていますが、これは常温の水での話。海で海水に触れたり、浴槽で温水がかかるなどといったシチュエーションでは防水性能はフルに発揮されないようで、今回も浴槽で使っていたXperia Z3は惜しくも突然死の最期を迎えてしまいました。防水スマートフォンは防水を謳っているものの、中身はデリケートな電子機器。防水性能は過信せず、極力水は避けたほうが良さそうです。

今回Xperia Z3と組み合わせて使う前提で6か月間無料で使えるキャンペーンでau回線のmineoを契約しましたが、今回の事故で使う端末が無くなってしまいました。SOL26はVoLTE非対応であるがためにMVNOでの利用条件が非常に良く(mineoのVoLTE対応SIMは11月リリース予定&機種側のSIMロック解除が必須)、mineoとの相性は抜群の機種だったために本当に惜しい状態です。かといって格安SIMで安くau回線を運用するのにも関わらず端末側のコストが嵩んでしまっても本末転倒なので、困ってしまいました。

防水端末に関しては防水性能を過信せず、さらに止むを得ず水場で使う場合は水没に備えてキャリア補償を契約して使うべきだという事を身をもって味わいました。先日のiPhone 6落下による画面修理と言い不幸続きですが、一度トラブルを体験しておくと普段は知ることのできない具体的な見積もりの金額や対策を知れて少し面白いのかなと前向きに考えていきたいところです。

SONY au Xperia Z3 SOL26 Silver Green


追記:復活しました

水没で基板腐食し起動不能になったXperia Z3 SOL26をウォッカに漬けたら復活しました

メニュー
閉じる