ガジェットショット

IIJmioがau回線を利用した「IIJmioモバイルサービス タイプA」を個人向けに提供開始へ

キリカ(管理人)

個人向けとしてはドコモ回線を利用したMVNOサービスを提供してきたIIJmioが、au回線を利用した個人向けサービスを提供開始します。


iijmio w

今回IIJmioは個人向けモバイルサービスのラインアップにauの4G LTE回線を利用した「IIJmioモバイルサービス タイプA」を追加。2016年10月1日より提供を開始します。それに伴いドコモ回線を利用した「IIJmio高速モバイル/Dサービス」は「IIJmioモバイルサービス タイプD」に名称変更。同じプラン内で複数のSIMカードを利用する際、ドコモ回線とau回線を混在させて使い分け、同じ通信容量をシェアする事が可能になります。

また今回のIIJmioモバイルサービス タイプA提供開始を記念し、IIJmioは2016年9月1日~9月30日に「お得な音声Wキャンペーン」を実施。新規ユーザーはIIJmio高速モバイル/Dサービスの音声通話付きSIMの初期費用3000円が2000円割り引かれ、既存ユーザーが音声通話付きSIMを追加する場合もSIM追加手数料2000円が無料となります。また、通話定額オプション料も1ヵ月分無料に。新規ユーザーはサービス利用開始月の翌月分から、既存ユーザーは10月分の通話定額オプション料が割り引かれます。

個人向けサービスとしてドコモとauの回線が利用可能、容量がシェア可能といった点では先行するmineoに対抗する形となったIIJmio。端末として先日紹介したarrows M03をはじめドコモとauの両方のネットワークに対応した端末も販売され始めている中で、ネットワーク側もこういったサービスの選択肢が増えてくれるのは嬉しいところです。

メニュー
閉じる