iPhone SEでMagSafeアクセサリが装着できるようになるVECIのシリコンケースを試す

iPhone SE/iPhone 8に装着することにより、iPhone 12シリース専用のMagSafeアクセサリを使えるようにできるケースを買って使ってみました。


今回購入したのは二世代目iPhone SE用のVECIのMagSafe用マグネットリング内蔵のシリコンケース。本来MagSafeはiPhone 12シリーズから採用された背面にマグネットによりアクセサリや充電器を装着できる規格ですが、今回のこのケースを使えばiPhone SEでも同様にMagSafeアクセサリを装着することが可能になります。

こちらがケース本体。一見、なんの変哲もないシリコンケースです。

内側はマイクロファイバー素材で高級感があります。この中にMagSafeアクセサリ互換のマグネットが内蔵されています。

VECIのロゴが彫られています。

以前レビューしたiPhone SEのホワイトに装着したところ。SEはフロントパネルがブラックなので、ブラックのシリコンケースがよくマッチします。

フォルムは丸みを帯びており、角の立っていない形状。

右側面。ボタンは独立せずケース一体型に出っ張りがあります。

逆サイドから。

背面もすっきりした装飾の無いデザイン。

実際にMagSafeアクセサリを試す

実際にMagSafe用のアクセサリが使えるか試していきます。まずチェックしたのは以前紹介したMOFT Snap-on Stand & Wallet。iPhone 12シリーズのケース無しの状態や純正ケースと比べると磁力による固定力は少し劣るものの、装着することはできました。

キックスタンド機能も使ってみましたが、iPhone SE本体の重量を支える分には磁力は十分。

ただ重ねて一緒に持ち運ぶには少し心許ない磁力だと感じたので、スタンド機能用として割り切る運用であれば使えるのではないかと思います。

続いてBOOST↑CHARGE PRO 3-in-1 Wireless Charger with MagSafeもチェック。こちらもiPhone 12シリーズをそのまま装着した際のような磁力と比べると劣るものの、本体を装着して充電するには十分。こちらは特に不安を感じる部分はありませんでした。

ただし当然ながら充電スピードに関してはiPhone SEのQiになるので、iPhone 12シリーズの15WのMagSafe充電になるわけではないので注意。

iPhone SEでもMagSafeアクセサリが使える禁断のケース

iPhone 12シリーズの発表時には「マグネットだけつけたケースが発売されれば旧機種でもMagSafeアクセサリが使えるのでは?」という声は多かったですが、実際発売されているものは殆ど無く、今回も購入時にAmazonで確認できたのはこのVECIのシリコンケースのみ。

磁力は本物のiPhone 12シリーズには劣るため使える用途が限られている、MagSafeの15W充電は使えないといったデメリットはあるものの、続々と登場しているMagSafeのアクセサリがiPhone SEでも使えるのは中々魅力的。価格は3,190円とシリコンケースとしては高めですが、MagSafeアクセサリが装着できるようになるというメリットを加味すると価格に対しては中々面白みのあるケースなのではないかと思います。

iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro MaxiPhone XR用もラインナップされているので旧機種でもMagSafeアクセサリが使いたい方は是非検討してみてはいかがでしょうか。



この他にも2020年発売の2代目iPhone SE用のおすすめケースは種類別に別記事にまとめているので、iPhone SE用のケースに迷っている方は是非参考にしてみてください。

追記:同じくiPhone SEにMagSafeマグネットを装着できるSimplismのTurtleというケースが発売されています。こちらはTPU+アクリルのハイブリッドケースとなっているので、シリコンケースよりも質感にこだわりたい方にはおすすめです。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。