GALAXY Note 3 SCL22展示機フォトレビュー 初のau×サムスンフラグシップ機

KDDIデザイニングスタジオに展示されているGALAXY Note 3 SCL22の展示機のフォトレビューです。


galaxy-note-3-scl2201

今までフラッグシップモデルはドコモから発売し、CPUのコア数などスペックを削ったものをauから発売していたサムスンですが、今期からはドコモより先に、フラッグシップモデルであるGALAXY Note 3を発表しました。

galaxy-note-3-scl2212

表面はメッシュ状の模様になっています。

galaxy-note-3-scl2204

Sペンは右下に収納されています。

galaxy-note-3-scl2205

金属フレームはヘアライン加工に。

galaxy-note-3-scl2206

背面はプラスチックをレザー風に加工しており、端は縫い目風になっています。

galaxy-note-3-scl2207

Sペンにも見られるヘアライン加工。

galaxy-note-3-scl2208

黒のレザー風加工はよりリアルな印象。どちらもしっとりした触り心地です。

galaxy-note-3-scl2210

アンテナ部分。

galaxy-note-3-scl2211

今回歴代のGALAXY Noteシリーズでは共通で黒だったカメラ周りが、カラバリに合わせたカラーに変更されました。

galaxy-note-3-scl2209

ブラックモデルはブラックとなっています。

歴代のGALAXYシリーズの中でもかなり高い質感を持っているGALAXY Note 3。背面のレザー風加工は手にしっかり馴染むため持ちやすく、auはしっかりとサムスンの売れ筋モデルの販売に踏み切れた事が伺える機種だと感じました。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な物を見つけるのが楽しみ。10歳の頃にHTMLに出会い、以来理想のサイト作りを追求中。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」で行くドライブと写真撮影と甘いもの。