ワイモバイルがeSIMを3月17日に提供開始、旧プランを変更せずにSIMのみeSIMに移行も可能

ソフトバンクのサブブランド「ワイモバイル」が、eSIMの提供を3月17日に開始します。


ソフトバンク株式会社および株式会社ウィルコム沖縄は、ワイモバイルにてSIM単体で契約するユーザーに向けたeSIMの提供を3月17日に開始します。

eSIMは物理的なSIMカードを発行せず直接加入者情報を遠隔で取り込むだけで利用できる組み込み式のSIM。AppleのiPhoneやiPad、GoogleのPixel、楽天のeSIM専用スマホ「Rakuten mini」などで採用されており、対応機種では直接プロファイルをダウンロードするだけでモバイル通信サービスを開通して使う事が可能。

ワイモバイルではオンライン本人確認システム(eKYC)を利用した場合、SIMカードの発送無しに最短1時間ほどでサービスが利用できるようになるとしています。

3月17日の提供開始日以降は料金プランシンプルS/M/Lの新規契約時にeSIM/USIMカードのいずれかが選択できるようになり、旧プランに加入しているユーザーであってもプランを変更することなくeSIMに切り替えることも可能。

ソフトバンクは既にオンライン専用ブランドLINEMOにてeSIM対応を表明済みで、同社サブブランドのワイモバイルもこれに追従した形。対してドコモのahamoはeSIMには非対応と公式FAQで明記しており、この辺りはの対応のスピード感はソフトバンクが先手を打った形となっています。

次の記事
前の記事

キリカ

ガジェットショットを作った人。本業はUI/UXデザイナー。世の中の素敵な製品を見つけるのが楽しみ。趣味は理想のサイト作り。休日の楽しみは愛車の「ロータス・エリーゼ」と「アルファロメオ・ジュリエッタ」でのドライブ。マジックアワーに撮る写真が好き。