ガジェットショット

au版Xperia Z3 SOL26シルバーグリーンフォトレビュー

kirica

auから発売されたソニーモバイルのXperia Z3 SOL26を入手したので写真で紹介します。


xperia z3 sol26 1

今回入手したのはau版のシルバーグリーン。当初から気になっていたカラバリです。

xperia z3 sol26 2

右側はmicroSD/nano SIMスロットを搭載。

xperia z3 sol26 3

上部のイヤホンジャックは引き続きキャップレス。

xperia z3 sol26 4

左側は独立したmicroUSBポート、卓上ホルダ用充電端子、ストラップホール。

xperia z3 sol26 5

従来は曲面を面取りしたフレームでしたが、Z3からは完全に曲面となっています。

xperia z3 sol26 6

ストラップホールは穴の中のピンの周りを通すタイプ。少々付けにくいです。

xperia z3 sol26 7

Xperia Zシリーズに統一して搭載されている充電端子。以前レビューしたサードパーティのマグネット充電ケーブルや付属の卓上ホルダで充電できるので、microUSB端子の防水キャップを毎度開閉しなくて済みます。

xperia z3 sol26 8

今回入手したのはau版。背面下部にauロゴが入り、中央はXPERIAロゴとなっています。ドコモ版は中央にdocomo Xiブランドロゴが入っているので、この点はau版の方が好みに感じるユーザーが多いのではないかと思います。なお、SoftBank版は中央にSONYロゴの入ったグローバル仕様となっています。


xperia z3 sol26 9

従来のXperia Zシリーズの白・黒・紫の3色展開から一転し投入された今回のシルバーグリーン・カッパーですが、光源や見る角度によって表情を変える背面は本当に惚れ惚れする色合いとなっています。一方でハードウェアの完成度としては切り離された四隅の球になっているパーツや前後のガラスの個体差が大きく、使っているとズレている事が分かってしまうのが残念なところ。先日Xperia Z3 Compactも買いましたが、組み上がりの完成度としては手元の個体同士ではXperia Z3 Compactの方がしっかりしていると感じています。

au版のXperia Z3 SOL26はMNPによる安売りが始まっており、白ロム相場もホワイトが45,800円ブラックが46,800円カッパーが46,800円、今回レビューしたシルバーグリーンが46,800円と、かなり下がってきています。9万円以上で高止まりしているドコモ版Xperia Z3 SO-01Gの半額未満で購入できるため、Xperia Z3を白ロムで狙うならau版が現状ではオススメです。

Xperia Z3 SOL26 白ロム – Amazon.co.jp

メニュー
閉じる