iPhone 11のパープルおすすめの紫色のESRのシリコンケースを試す

iPhone 11のパープルおすすめの紫色のESRのシリコンケースを試す

以前購入したiPhone 11のパープルに似合うケースを探していたところ、ESRが紫のシリコンケースを出していたので買ってみました。


今回購入したのはESRのシリコンケース。ESRはApple製品向けのアクセサリの販売には以前から実績のあるメーカー。今回はiPhone 11用シリコンケースという定番アイテムを買ってみました。

パッケージのスタイルは先日レビューした同社のiPhone 11 Pro用金属バンパーAirPods Pro用シリコンケースと同じカラーリング。

直近で3個目となるESR製品ですが、特にメーカーで選んでいるというわけではなく、たまたま買った製品が同じメーカーだったという感じです。複数買っていると同じメーカーだと分かりやすいのはブランドイメージが出ていて良いですね。

こちらがシリコンケース本体。内側はiPhone 11本体を傷付けないよう柔らかい起毛素材となっています。外側シリコン、内側起毛という構成は先日レビューしたApple純正のシリコンケースと同じです。

パープルのiPhone 11に装着したところ。Apple純正と違うところは、下部のLightning端子周りまで保護される点です。保護性能を重視するのであれば地味に嬉しいところ。

背面の色はこんな感じ。iPhone 11のパープルはラベンダーカラー寄りですが、このケースの紫はまたちょっと違った系統。VAIOのブランドカラーに近いかもしれません。

本体下部。Apple純正シリコンはここがU字に開口しているので、保護されているのは高評価。

マナーモードスイッチ周り。

サイドスイッチ周り。

カメラの段差はしっかり吸収される厚みになっています。

色は個人的にもう少しラベンダー寄りが良かったと思いますが、これくらい青みがかっていると男性でも使いやすいカラーかもしれません。

Apple製と比べるとメリットの多いシリコンケース

Appleの販売するシリコンケースは実はiPhone 11 Proシリーズ向けのみで、iPhone 11用はクリアケースのみの提供。そのため厳密には直接的な比較はできないのですが、先日購入したiPhone 11 Pro用のものと比較すると、いくつかメリットを感じました。

  • (Apple製のように)ボタンが硬くない
  • 下部が開口していないので、擦り傷が付きにくい
  • 1,599円と、Appleの1/3の価格

まず、今年のAppleのシリコンケースはボタンがとても硬くて押しにくい仕上がりになっていたのが不満でした。今回購入したESRのシリコンケースはそういった事がなく、使い勝手は良好。またApple純正シリコンケースはiPhone X、iPhone XS Max、iPhone 11 Proと使っていますが、やはり下部が開口しているため微細な擦り傷がステンレスフレームに付きやすいのが難点。このケースは下部もしっかり覆われているので、フレームの一部分だけ擦り傷が目立つといった事にはならないはずです。

一方で、やはり造形の完成度で言えば価格が3倍のApple製に分があります。レビューの写真を見ると分かりますが、側面のボタンの独立パーツ、フレームの中央部分の継ぎ目のない形状など、全体的に作りが綺麗なのがApple純正品の特徴。ESR製品はその辺りはApple製品には及ばないですね。

とはいえ、相応に価格は1,599円とAppleの1/3でお手頃なので、使い勝手や保護性能で見れば選択肢としておすすめなアイテムです。シリコンケースは手の上で滑りにくく、落下時の衝撃吸収だけでなく、そもそもの落下を防いでくれるケースとして優秀。iPhone 11のカラーを活かしたケースを探している方はいかがでしょうか。

もしAirPods ProとiPhone 11のパープルを一緒に使っている方であれば、同じESRでAirPods Pro用シリコンケースも合わせると統一感が出て良さそうです。

キリカ

キリカ

ガジェットショットを作った人。最近まで学生生活の傍ブログを書いていましたが、今はデザイナーとして働いています。休日は愛車の「エリーゼ」「ジュリエッタ」に乗ってドライブに出かけたり、写真を撮ったり楽しんでいます。